シラカンバ樹液エキスの効果や副作用は?

シラカンバ(白樺)樹液エキス

シラカンバ樹液エキスは、白い木で有名な白樺から摂れるエキスです。
北海道や長野県が自生している地域では有名で、

 

長野県には白樺湖という美しい湖の地域がありますね。
シラカンバエキスの効果はどういうのがあるの?副作用はない?
シラカンバエキスの効果や副作用についてご紹介していきます。

シラカンバ樹液エキスとは?

シラカンバ樹液エキスとは白樺の樹皮から抽出したエキスです。
白樺は温帯〜亜寒帯の地域に自生しており、
まっすぐすらっとした木です。

 

白樺の木には少し変わった特徴があり、
幹を少し傷つけると大量に樹液が吹き出てきます。
大量に水を含んでいるのでウォーターツリーとも呼ばれています。

 

この液にはアミノ酸やミネラルがたくさん含まれており、
美容や健康に有効な作用があります。

シラカンバ樹液エキスの効果や特徴は?

では、シラカンバ樹液エキスの効果や特徴を見ていきましょう。

 

《シラカンバエキスの美容効果》

・保湿効果
・角質除去
・肌のひきしめ

 

《シラカンバエキスの健康効果》

・便秘改善、整腸作用
・利尿作用
・痛風
・デトックス

 

白樺の樹皮には、タンニン、サポニン、ビタミンC、ベチュリンが多く含まれています。
それぞれについて詳しくご紹介します。

 

 

タンニン

タンニンとはお茶などにも含まれる渋みの成分です。
タンニンにはたんぱく質とくっつき細胞組織を縮める作用があります。縮める動きが肌全体を引き締めて毛穴も引き締める効果があります。皮脂の量もコンロトールでき、肌のたるみの改善にも有効です。
また、メラニンの働きを抑制する作用もあり、シミやそばかすを出来にくくします。

 

サポニン

サポニンは、フィトケミカルの一種です。フィトケミカルとは、植物の中に元々存在する成分で、健康に良い影響があるかもしれないという成分です。ファイトケミカルとも呼ばれ、野菜や果物、豆類、ナッツ類に多く含まれている。
サポニンには、細胞の再生や活性化させる働きがあり、肌のターンオーバーを促します。肌のターンオーバーが市場に整い肌がきれいになります。サポニンには血流を促進させる働きもあり肌全体の結構を良くするので、肌に新鮮な血液を送り栄養を届けます。
(サポニンを多く含む食材:大豆、黒豆、高麗人参、ゴボウ)

 

ビタミンC

ビタミンCはみなさん御馴染みの栄養素ですよね。
ビタミンCには様々な美容の効果があります。免疫力アップ、コラーゲンの生成を助ける、アンチエイジングの効果などがあげられます。
生活習慣が乱れて免疫力は下がりやすくなり風邪や体調を崩しやすくなります。ビタミンCは弱った免疫力の働きを高める働きがあるので、少し体調がすぐれない時にはビタミンCで免疫力を上げてあげましょう。

 

ベチュリン

ベチュリンは抗菌作用がとても高い成分です。白樺の樹皮エキスに含まれており紫外線をオフする働きがあるので、肌を紫外線から守ってくれます。

シラカンバ樹液エキスの副作用や注意点は?

シラカバエキスの中有点や副作用と
注意点は特にありませんでした。
安心して白樺エキス商品をご使用になれますね。

まとめ

あんなにきれいで白い木の白樺に
こんなにも優れた成分や効能があるなんて驚きですよね。

 

特に暑い季節になってくると気温が高く毛穴がすぐに開いてしまいます。
すると汚れが詰まりやすくなり肌荒れや肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

 

肌や毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水は
暑い季節にぴったりの化粧水ですね。

 

冷蔵庫などで冷やしてから使うと
より毛穴の引き締まり効果がありおすすめです。