ベタインの効果や特徴は?

ベタイン

ベタインもあまり普段では聞き慣れない成分ですよね。
ベタインは安全性の高い保湿成分で、
手作りで化粧水を作る時には、
ベタインを使用すると簡単に化粧水が作れます。
手作り化粧水ではメジャーな成分としてよく使用されています。

 

でも聞きなれないベタインは一体どのような成分でしょうか?
そんなベタインの効果や副作用についてみてみましょう。

ベタインとは?

ベタインとは、アミノ酸の一種です。
トリメチルグリシンとも言われます。
主に海産物などに多く含まれている自然界にある物質です。
国内では食品添加物などでも使用されています。

 

天然のアミノ酸で水に溶けやすい性質を持っており、
化粧水に使われるベタインはビートから抽出したものが使われています。
化粧品成分としても表示名称は「ベタイン」で、
医薬部外品表示名称では「トリメチルグリシン」と表示されています。
毒性もなく安全性も高い成分です。

ベタインの効果

ではベタインの効果はどんな効果があるのでしょうか?

 

ベタインの効果

・保湿効果
・肌のハリを保つ
・美髪効果
・高い吸湿性

 

ベタインは保湿性が高く肌荒れの改善にも有効とされています。
また、シャンプーなどのに使用すると、
界面活性剤の刺激を和らげる役割があるので、
髪の毛が柔らかくなります。

 

吸湿性が高いので髪への吸着も良く保湿や弾力性を与えながら
髪の毛を保護してくれます。

ベタインを含む食べ物は?

聞き慣れないベタインですが、ベタインを含む食べ物も意外にあります。
ベタインの含まれる食べ物を見てみましょう。

 

ベタインを含む食べ物

・カニ
・タコ
・エビ
・いか
・貝類
・きのこ類
・ビート(甜菜)
・ほうれん草
・ワイン

 

ベタインを含む食品は海産物のものに多く含まれています。
また、植物はほうれん草やキノコ、特にビートに多く含まれています。

 

エビやカニは好きな方も多いですよね。
エビは食卓にもよくでてくる素材だと思うのでたっぷり食べましょう。
海鮮がたっぷり入ったトマトスープなどは
一度にたくさんの魚介類が摂れて調理も楽なのでおすすめです。
一緒にきのこを入れてもさらに美味しそうですね。

ベタインは化粧水も手作りで作れる

手作り化粧水では保湿成分でグリセリンが使用される場合も多いですが、
ベタインは敏感肌の方は少し肌への刺激が強い場合があります。

 

そんな場合は、ベタインを使用してみるといいですね。
グリセリンよりもさっぱりとした付け心地の化粧水を作ることができます。

 

《準備するもの》

 

・精製水・・・ 50cc
・ベタイン・・・0.5〜2.5g

 

化粧水に入れるものは上記のもののみでOKです。
あとは、化粧水を入れる容器とはかりも準備しましょう。
入れる容器と秤はアルコール消毒をしてから使用してください。

 

手作りの化粧水は防腐剤を使用しないので、
必ずきちんとしたアルコール消毒が必要となります。

 

使用する容器の他に手も消毒してから消毒の作業を行います。
消毒用のエタノールをコットンに含ませて、容器一式を丁寧に拭き消毒します。

 

上記の量を混ぜて容器に移し、容器をしっかり上下に降って混ざれば完成です。
保存料を入れていないので、2週間以内に使いきるようにしましょう。

 

また、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。
肘の内側部分につけてみて赤みや腫れなどが出ないか確認しましょう。

ベタイン手作り化粧水の注意点

ベタインは吸収性が高い成分です。
なので、保存方法は気をつけなければいけません。
ベタインは空気中の水分も吸ってしまうほど吸湿性が高いので、
湿気のある環境で保存しないようにしましょう。

 

一番のおすすめは冷蔵庫です。冷蔵庫に入れて2週間以内に使用を終えましょう。
また、小さな容器で小分けにし冷凍保存も可能です。

 

使用する際に冷凍庫から冷蔵庫に移し、半日〜1日で解凍されてから使用します。
冷凍保存しておけるので一気に作れて作業も減らせますよね。

 

余ったベタインはビニールの袋に入れたままアルミホイルで包み込み
冷蔵庫での保存がおすすめです。

ベタインの副作用

ベタインは刺激の少ない成分ですが、アレルギーを引き起こす方もいらっしゃいます。
化粧品を使用する際は必ずパッチテストをおこなってから使用しましょう。
肌にかぶれや赤みが出た場合はすぐに使用を中止してくださいね。

まとめ

ベタインは天然の保湿成分なので安全性は高く低刺激です。
ですが、敏感肌の方などはアレルギーを引き起こしたり
肌に合わなかったりする可能性もあるので、
必ずパッチテストを顔以外の場所で試してみてから使用してくださいね。

 

肌に合えば、これからは安く作れる化粧水で充分なので、
かなりコストカットできますよ。初めての化粧水づくりにチャレンジ!

関連ページ

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸はよく聞く美容成分の一つですよね。保湿力が高く、ヒアルロン酸はたっぷりの水分を保持できる特性があるので肌の水分を守って肌にハリや潤いを与える効果があります。特に40代後半からはヒアルロン酸は減少します。外からたっぷりと補い肌を整えましょう。
セラミド
セラミドは脂溶性の物質で化粧品によく使用されています。セラミドは角質層の中にあり細胞と細胞の間でクッションのような役割をしています。20代などの若い世代は体内にたくさんのセラミドがありますが、年齢を重ねるとセラミドの体内量も減ってしまいます。年齢肌にセラミドで補助しましょう。
レシチン
レシチンは正式名称を水素添加レシチンといい天然の脂質成分のひとつです。化粧水などの化粧品に使用する際に酸化しにくく日持ちするようにレシチンを水素添加させたものになります。浸透性がとても高く角質の細胞間にまで成分が届くので保湿が必要な人にはぴったりですね。
クチナシエキス
クチナシエキスの効果や成分の特徴をご紹介していきます。クチナシエキスんお美容面の効果では美白効果や肌荒れ改善効果があります。また健康面のっ効果では肥満を抑制する効果もありメタボリックシンドロームの方にとっても有効とされています。クチナシエキスに含まれているカロテノイドが美容と健康をサポートしています。
オトギリソウエキス
オトギリソウエキスの効果や副作用についてご紹介します。オトギリソウは美容面の効果は毛穴の引き締め効果や保湿、小じわの予防などの効果があります。健康面の効果はうつ病の改善やホルモンバランスを整えてくれるので、ホルモンバランスが崩れがちな時にはバランスを整えてくれます。
シラカンバ樹液エキス
シラカンバ樹液エキスの効果や副作用についてご紹介します。シラカバ樹液エキスはその名の通り白樺の樹から採れるエキスです。白樺はとても水分が多い木としても有名で、その木の樹液を使用して世界中で昔から活用されてきました。そんな生活に密着しているシラカバ樹液エキスについての効果や副作用を詳しくみてみましょう。
カンゾウ根エキス
カンゾウ根エキスの効果や副作用はどんなものがあるのでしょうか?カンゾウ根エキスは漢方の一種に属し、美白化粧品の成分として有名です。また漢字で明記すると甘草根エキスと表記し味が甘く、甘味料としても活用されている万能な薬草です。そんなカンゾウ根エキスの効果や副作用とみていきましょう。