レシチンの効果や特徴は?

レシチン

水添レシチンという成分は聞いたことがありますか?
聞き慣れない言葉なので知らない方も多いですよね。
レシチンは化粧品などに使用されていることの多い成分です。
詳しくご紹介していきます。

水素添加レシチンとは?

水素添加レシチンは動物や植物の細胞内にある脂質成分のひとつです。
植物の中には、大豆から抽出した大豆レシチン、
鶏の卵から抽出された成分を卵黄レシチンといいます。

 

化粧品に使用される際に酸化しにくくするために抽出した成分を
さらに水素添加させたものを水添レシチンといいます。
化粧品としては、保湿剤や乳化剤、クリーム、乳液などに
使用されていることが多いです。

水素添加レシチンの特徴

水添レシチンの特徴はどのようなものがあるかご紹介します。

 

水添レシチンの特徴

・浸透性が高い
・保湿力が高い
・肌への負担が少ない

 

水添レシチンは角質層にある細胞間脂質のあいだにも
浸透できる浸透性の高い成分です。
細胞間まで届くため浸透性に加えて保湿力も高いとされています。

水添レシチンが必要な人は?

水添レシチンには保湿の効果が高いので、
30代を越えてからのエイジングケアに良いですね。

 

30代を越えるとターンオーバーの周期も遅くなり
潤い成分の生成も少なくなってくるので、
外からのケアは保湿力の高いものの使用がおすすめです。

 

乾燥での肌荒れ防止

保湿力が高い水添レシチンは肌の角質層に
浸透し細胞間の潤いを助けます。
セラミドと同じような役割で、
細胞と細胞の間のクッションのような役割を担っているので
肌の保湿効果を高めてくれます。

 

肌のキメを整える

水添レシチンは肌荒れしてコンディションの悪い状態を
元の状態に整える役割があります。
レシチンを使用している化粧品には、肌のキメを整える役割があります。

 

 

また、水添レシチンは天然由来の成分ですので、
敏感肌やアレルギーをお持ちの方は
一度パッチテストを行ってから必ず使用するようにしましょう。

まとめ

水添レシチンは浸透性の高い成分ですので、
年齢肌で気になってきた方や乾燥が気になる方などにおすすめです。
肌のコンディションを整えるのに水添レシチンは良いですね。

関連ページ

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸はよく聞く美容成分の一つですよね。保湿力が高く、ヒアルロン酸はたっぷりの水分を保持できる特性があるので肌の水分を守って肌にハリや潤いを与える効果があります。特に40代後半からはヒアルロン酸は減少します。外からたっぷりと補い肌を整えましょう。
セラミド
セラミドは脂溶性の物質で化粧品によく使用されています。セラミドは角質層の中にあり細胞と細胞の間でクッションのような役割をしています。20代などの若い世代は体内にたくさんのセラミドがありますが、年齢を重ねるとセラミドの体内量も減ってしまいます。年齢肌にセラミドで補助しましょう。
ベタイン
ベタインは化粧品によく使用されいる成分でアミノ酸の一種です。高い保湿効果があります。高い吸湿性の性質もありシャンプーなどの整髪剤にも使用されており髪のキューティクルをきれいに整えて守ってくれる成分です。また医薬部外品でも使用されており安全な天然成分です。
クチナシエキス
クチナシエキスの効果や成分の特徴をご紹介していきます。クチナシエキスんお美容面の効果では美白効果や肌荒れ改善効果があります。また健康面のっ効果では肥満を抑制する効果もありメタボリックシンドロームの方にとっても有効とされています。クチナシエキスに含まれているカロテノイドが美容と健康をサポートしています。
オトギリソウエキス
オトギリソウエキスの効果や副作用についてご紹介します。オトギリソウは美容面の効果は毛穴の引き締め効果や保湿、小じわの予防などの効果があります。健康面の効果はうつ病の改善やホルモンバランスを整えてくれるので、ホルモンバランスが崩れがちな時にはバランスを整えてくれます。
シラカンバ樹液エキス
シラカンバ樹液エキスの効果や副作用についてご紹介します。シラカバ樹液エキスはその名の通り白樺の樹から採れるエキスです。白樺はとても水分が多い木としても有名で、その木の樹液を使用して世界中で昔から活用されてきました。そんな生活に密着しているシラカバ樹液エキスについての効果や副作用を詳しくみてみましょう。
カンゾウ根エキス
カンゾウ根エキスの効果や副作用はどんなものがあるのでしょうか?カンゾウ根エキスは漢方の一種に属し、美白化粧品の成分として有名です。また漢字で明記すると甘草根エキスと表記し味が甘く、甘味料としても活用されている万能な薬草です。そんなカンゾウ根エキスの効果や副作用とみていきましょう。